レーシックについて学ぶ(米国食品医薬品局)

FDA

 レーシックで失敗しないために

レーシックをはじめとする視力回復手術は、レーザーで視力が回復する画期的な治療です。長年、近視などにより不自由な思いをしている人々にとって、本当に夢のような話です。しかし、日本ではレーシックのことをまだ知らない人が多いこともあり、どちらかというと「本当に大丈夫なの?」というイメージを持つ人が多いのです。みなさんも、多かれ少なかれそのように感じておられるのではないでしょうか?一方で、実際にレーシックを受けた人の大半は、「こんなことなら、もっと早く手術を受けていれば良かった」と言われます。アメリカでは、年間200万例以上の手術が行われているともいわれ、レーシックは一般的な視力回復の方法として受け入れられています。日本でも、アメリカに比べてまだまだ数は少ないですが、視力回復手術を受ける人も徐々に増えてきました。

さて、レーシックは極めて安全性が高い手術とされていますが、全くリスクがないというとウソになります。(リスクのない物なんて世の中にはありませんが・・・)そのリスクを受け入れることができる人にとっては、レーシックは検討に値する治療です。もちろん、きちんと準備をすれば、そのリスクを最小限にすることができますし、逆に安易にレーシックを受けてしまえば、リスクは大きくなってしまいます。

ここで、一つだけ確かなことは、「レーシック受けるということは、あなたの一生を左右するほどの大きな出来事だ」ということです。ですから、レーシックなどの視力回復手術に関心がある方は、是非ともこのホームページをきちんと読んでいただきたいと思います。特に、手術を受けることを決めている、あるいは、真剣に考えられているという方は、絶対に目を通すべきです。

Copyright(C)2011 LASIK JAPAN. All rights reserved.