レーシックの合併症:フラップ異常

合併症

 レーシックの合併症:フラップ異常

フラップが極端に薄くなるなど適切に出来なかった場合、そのままフラップを使用できなかったり、戻せなかったりすることがあるといわれています。この場合はかなり強い不正乱視が生じることが予想され、メガネ・コンタクトレンズを使用しても良い視力が出ないこともあります。

Copyright(C)2006 LASIK JAPAN. All rights reserved.