レーシックと老眼

レーシックの課題とリスクTOP

レーシックの課題やリスク

 老眼

40歳をすぎれば、老眼(近くが見えづらくなる)の症状が誰でも多かれ少なかれ現れてきます。近視の人は、もともと近くにピントがあうようになっているため、老眼の症状が出にくいといえますが、レーシックを受け、近視を治すことによって、逆にそれまであまり意識しなかった老眼の症状が意識されるようになります。

よって、レーシックを受けることによって、遠くは見えるようになったが、逆に近くが見えづらくなってしまいます。ですから、自分のライフスタイルにあわせて、担当医とよく相談したうえで、手術を受けるかどうか決めることが重要なのです。

※老眼の症状を少なくするため、多少近視をわざと残すような手術を希望される方もいらっしゃいます。また、モノビジョンといい、一方の目は遠くにピントがあうように、もう一方の目は近くにピントがあうようにする方法もあります。


(参考)モノビジョン

アメリカのFDA(米国食品医薬品局。日本の厚生労働省に該当する)より

モノビジョンとは、老視(加齢とともに、近距離での作業に焦点を合わす眼の能力が次第に失われていくこと)の矯正を行う際に用いられる臨床的技法のひとつです。モノビジョンの意図は、老視の患者が遠くを見るのに片側の眼を使い、近くを見るのにもう片側の眼を使うことです。この方法は、コンタクトレンズ使用者に最初に適用され、最近になってLASIKその他の屈折矯正手術にも適用されるようになりました。コンタクトレンズの場合、老視患者は片側の眼に遠見視力を矯正するレンズ、もう片側に近見視力を矯正するレンズを装着します。同様に、LASIKの場合も、片側の眼に遠見視力を矯正する手術を、もう片側の眼に近見視力を矯正する手術を施します。言い換えれば、手術の目的は片側の視力を20/20〔1.0〕未満にすることで、これは一般にLASIK手術による遠方視力矯正の目標値とされています。片側の眼は遠くを見るために、もう片側の眼は近くを見るために矯正されるため、両眼が協同して働くことはもはやなくなります。その結果、視力の質が低下し、深径覚〔奥行きを認識する感覚〕が鈍化します。モノビジョンのこうした影響が最も顕著に現れるのは、光が少ない条件下や、非常に鮮明な視力が要求される作業を行うときです。従って、夜間の車の運転や危険な装置の操作、近距離で非常に鮮明な視力が要求される仕事(例、長時間細かい活字を読む)など、視力への負担が大きい作業を行う際には、眼鏡やコンタクトレンズを使用して、両眼を遠方または近方に十分矯正する必要が生じることがあります。

多くの患者は、片側の眼が常時ぼやけている状態に慣れることができません。従って、LASIKによるモノビジョンを検討しているのであれば、実際に手術を受ける前にコンタクトレンズによる試験期間を設けて、モノビジョンに耐えられるかどうか確認してください。モノビジョンで州の運転免許資格の要件を満たせるかどうかについても確認して下さい。

さらに、将来、老視がどの程度強くなるかについても検討する必要があります。モノビジョンの手術後の視力で眼鏡やコンタクトの助けなしに近くの物が十分明瞭に見えなくなるのはいつ頃か、あるいは近見視力をさらに矯正するための2回目の手術が必要となるのはいつ頃かを医師に相談してください。

Copyright(C)2006 LASIK JAPAN. All rights reserved.