レーシックJAPANは、視力回復手術について中立的な立場でお伝えします!

レーシックJAPAN
レーシックを受けたい方へ
レーシック病院検索

間違いだらけの病院選び

病院を見極めるポイント

リンク集
(日本眼科学会へのリンク)
(その他 リンク)

 設備・機械

ここもみなさんがよく誤解しがちなところです。機械の性能がレーシックの結果に大きく影響するのは事実です。しかし、機械は良くても操作するのは人間です。例えば「アイトラッキング機能」がついていないなど、時代遅れの機械を使っている病院は論外ですが、機械の性能はあくまで、病院選びのポイントの1つにすぎません。

ウェーブフロントレーシックについて

多くの病院で、ウェーブフロントレーシックと通常のレーシックが選択可能です。米国のデータでは、ウェーブフロントレーシックで夜間視力の問題が改善されると言われていますが、人によっては、通常のレーシックでも十分な結果が期待できる場合もあり、絶対にウェーブフロントレーシックでないとダメだということはありません。ほとんどの場合、ウェーブフロントレーシックの方が費用が高くなると思いますので、どちらを選択するかは、あなたの担当医と十分に話し合って決めてください。

-イントラレーシックvsマイクロケラトーム、どちらがいいの?

これは、学会などにおいても、結論はでていません。現状では、イントラレーシックを行っている医療機関はわずかです。マイクロケラトームに対するイントラレーシックの優位性が証明されれば、多くの医療機関が取り入れることになると思いますが、現在のところそこまでは至っていないようです。イントラレーシックでないとダメだとか、マイクロケラトームでないとダメだとかということではありません。これも病院選びの数あるポイントの内の1つにすぎないという程度に考えてください。

 レーシック病院比較一覧

レーシックは、信頼できる病院で受けることが大切です。しっかりと情報を集めて、じっくり比較して選んでください。

北海道・東北
北海道・青森・宮城・岩手・秋田・山形・福島

関東
茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川

北陸・甲信越
新潟・富山・石川・福井・山梨・長野

東海
岐阜・静岡・愛知・三重

近畿
滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山

中国
鳥取・島根・岡山・広島・山口

四国
徳島・香川・愛媛・高知

九州・沖縄
福岡・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄
Copyright(C)2006 LASIK JAPAN. All rights reserved.